かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

今日もよく頑張った日本市場

   

2014年10月24日の結果

+74700円。いい感じ。

精算日:2014年10月28日(税引き前)
今月の損益:+  103,968円(あと3日)
年間損益額:+3,409,975円(前日比+7,584円)

市況の概要

本日のトピックスは上昇。
一気に1240ポイント台を回復。
米国市場も上昇。
為替は円安。1ドル107円台後半。1ユーロ136円台半ば。
今日もよく踏ん張った。

米国市場がかなり上昇してギャップアップスタート。
とうとうトピックスが200日線を回復できました!

そこから上げ幅を少しずつ縮小していって、日経平均の前日高値付近で下げ止まり。
トピックスもあと少しで窓埋めだったのですが、ここは窓埋めと考えていいのかも。
後場は1240ポイントが下値の壁。
週末でしたが、大引け付近で売りに押されなかったのは良い傾向でした。

200日線を回復したことで、日本市場は下げ止まったと考えていいと思います。
今後は、2月の急落と同様に、一目均衡表の雲で押さえられる可能性もあります。
ただし、2月と違うのは、これから決算発表が本格化するので業績が株価に反映される点と株価が上昇しやすい年末が近い点。
11月末頃まで一目均衡表の雲に押さえられながら、年末に急落前の高値を目指すという展開になって欲しい。

米国市場が急上昇した割に日本市場はしょぼい上昇でした。
エボラ出血熱の影響と言われていますが、全く関係ないと思います。
致死率が高すぎる上に空気感染しないのに広がるわけがない。
SARSや新型インフル騒動と同じで、売り方の材料にされているだけ。

それよりも、時期的な需給問題の方が大きい。
例年、だいたいこの時期まで売りが続きますが、ここから11月末頃までは平穏な相場に戻ることが多い。
平穏な市場と急上昇は歓迎しますが、急落相場はもう要らない。
来週からはなんとか普通の相場に戻って欲しい。

日本市場だけが取り残されてる状況に変化はありません。
消費税増税と日銀の消極姿勢の影響が大きすぎる。
この程度の株価じゃ消費税10%なんて絶対に中止すべき。

売買の状況

決済はいい感じ。
大量に売買しました。
優待投資は変化ありません。

その他コメント

東証1部25日騰落レシオが77.7。
縁起が良いような気がする。

明日もがんばろう。

 - 株式投資

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です