かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

予想を大幅に下回るGDPで株価急落

   

2014年11月17日の結果

+7000円。いまいち。

精算日:2014年11月19日(税引き前)
今月の損益:+  294,990円(あと6日)
年間損益額:+3,839,379円(前日比+36,957円)

市況の概要

本日のトピックスは急落。
1360ポイント台。
先週末の米国市場は下落。ナスダックは上昇。
為替はドル安ユーロ高。1ドル115円台半ば。1ユーロ145円台前半。
GDP悪すぎ。

朝方発表されたGDPが衝撃的な悪さ。
経済のプロ連中の予想が+2.1%だったのに、実際は-1.6%。
ここまで悪いとは完全に想定外。
マイナススタートからじりじりと下げていって、ほぼ寄り天の状況でした。
ここまで下げたのなら、窓埋めして欲しかった。

先週末に日銀のETF買いが入っていたのには驚きましたが、今日も間違いなく日銀のETF買いが入っているはず。
それなのに、ここまで下げるという事は、どれだけGDPの衝撃が大きかったかという事。

唯一、消費増税が日本経済に多大な悪影響を与えるということが証明された事は良かった。
本当に消費増税は災害で人災です。
消費増税を推進してきた、経済学者、財務省の役人、自民党、民主党、公明党の政治家は大いに反省して欲しい。
東日本大震災から立ち直りつつあった日本経済を、消費増税という人災で破壊するんじゃない。
ここまでGDPが悪いと、消費増税の延期には誰も反対しないはず。
消費増税はバブル景気並の好景気にしてから、景気の熱を冷ますためにやればいい。
景気が先、増税は後。
順序を間違えるな。

これで消費増税の延期は選挙の争点にならないので、解散しても意味がない。
年末の忙しい時期に、無駄な金を使うな。

日本市場は何も問題がないと思っていましたが、恐るべき消費増税の悪影響で景気後退局面になりつつあったとは驚きでした。
ただ、消費増税が延期になれば、10~12月期はさすがに回復してくるはず。
株価が25日線に近づくような動きになれば、絶好の買い場だと思います。

売買の状況

決済はいまいち。
普通に売ってほんの少し買い。
この状況で、よく利益が出た。
優待投資に変化ありません。

その他コメント

解散総選挙になっても投票する政党がない。
消去法で維新の党かな。

明日もがんばろう。

 - 株式投資

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です