かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

情報企画、リックス、アサンテ、第一興商、オーハシテクニカから優待が到着

      2014/12/09

2014年12月8日の結果

+22900円。いまいち連続。

精算日:2014年12月10日(税引き前)
今月の損益:+  162,146円(あと13日)
年間損益額:+4,135,432円(前日比+34,597円)

市況の概要

本日のトピックスは少し上昇。
1440ポイント台は変わらず。
米国市場は上昇。
為替は急速に円安。1ドル121円台半ば。1ユーロ149円台半ば。
まさかの悪化。

先週末は米国雇用統計が発表されて米国市場が堅調に推移して、為替は急速に円安。
米国雇用統計はものすごく良かった。

にもかかわらず、日本市場は激弱。
朝方発表されたGDP改定値は、まさかの悪化で年1.9%減と下方修正。
ギャップアップスタートから一時マイナスでしたが、前場は少しプラスで終了。
後場はほぼ動かず。
前日終値付近で推移。
14時の景気ウォッチャー調査もGDP改定値と同様に非常に悪い数字でした。
最終的には少しプラスで終了。
窓を空けなかった事だけが救いでした。

前場が少しプラスだったので、日銀の買いは入ってないと思うのですが、衆院選の最中に株価を急落させるわけにはいかないので、GPIFが買い支えているのかも。

今日のしょぼい値動きで、年末までにトピックス1500ポイントという目標に少し迷いが出てきました。
選挙前にある程度処分してしまうかも。
本当に迷っています。

売買の状況

決済はいまいち。
普通に売って普通に買い。
優待投資に変化ありません。

その他コメント

7~9月GDP改定値と11月景気ウォッチャー調査により、7月以降に景気が急速に悪化したことが明確に証明されました。
本当に消費増税は恐ろしい。
消費増税が景気に与える影響をとても軽く見ている経済学者やアナリストが多すぎる。
経済指標に対する予想も超適当で、使えない奴らばかり。
何度も書きますが、消費増税は東日本大震災を超える人災です。

このまま衆院選で自公が圧勝すると、自動的に2017年4月の10%への消費増税が確定しますが、これは2017年夏の景気悪化が確定する事と同じ意味。
景気が悪化すれば税収は減少。
そして更なる消費増税という負の増税スパイラルに突入する事が怖い。

衆院選当日は別の予定が入っているので、この週末に期日前投票に行ってきました。
所沢市は期日前投票所が1箇所に減ったので、市役所はとても混雑していました。
民主党と維新の党に投票してきました。

先週末に到着した優待は情報企画は図書カード。
リックスがクオカード。
アサンテがギフトカード。
第一興商は優待券5千円分。
NISAで購入したオーハシテクニカはおこめ券1枚。

明日もがんばろう。

 - 株式投資, 株式投資(株主優待)

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です