かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

逆オイルショックという言葉に驚き

   

2014年12月17日の結果

+800円。いまいち9連続。

精算日:2014年12月19日(税引き前)
今月の損益:+  256,518円(あと6日)
年間損益額:+4,229,804円(前日比+40円)

市況の概要

本日のトピックスは少し下落。
1350ポイント台は変わらず。
米国市場は大きく下落。
為替はあまり変化なし。1ドル117円台前半。1ユーロ146円台前半。
窓埋めならず。

米国市場は相変わらずの原油安で下落。
日本市場はギャップダウンしましたが、少し戻して前場はプラスで終了。
後場は一時1360ポイント台まで上昇しましたが、最後は前日終値付近まで戻して終了。

昨日夜の先物は窓埋めしたのですが、本日の現物は窓埋めできなかった。
トピックスの25日移動平均乖離率やストキャスティクス、東証1部25日騰落レシオ等の指標を見ても、まだ下げ止まるような数値ではありません。
窓埋めして75日線にタッチするまで待ちの姿勢です。

売買の状況

決済はいまいち。
ほんの少し売って少し買い。
優待投資は変化ありません。

その他コメント

昨日も日銀のETF買いがありました!
やはり新年度の予算が使えるようになったようです。
日銀の年度切替は12月15日なんですね。

これからは、少なくとも3日に1回ぐらいのペースでETFを購入しないと予算を消化できません。
日銀の人間なら、絶対に「予算は消化すべき」という役人根性を持っているはず。
ひょっとして、今日の後場寄りの上昇もETF買いだったのかな。
ガンガン買え!

WTI原油は55ドルぐらいの所で下げ止まっています。
今回の出来事は「逆オイルショック」と呼ぶらしい。
原油が安くなる事でショックを受けて困る日本人や日本企業がいるなんて驚き。
仮にいるとしても、ごく少数派のはず。

ほぼ全ての日本人と日本企業は原油安の恩恵を受けます。
それに原油は株と違って価値がゼロになる訳でもない。
原油安にビビる要素は何もありません。
米国が危篤状態に陥ったリーマンショックとは絶対に違う。
株価が下げてくれるのであれば、押し目は買いで行きます。

明日もがんばろう。

 - 株式投資

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です