かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

米国市場がお休みの間に日本市場は上昇

   

2015年1月20日の結果

+33900円。まずまず。

精算日:2015年1月22日(税引き前)
今月の損益:+  159,470円(あと6日)
年間損益額:+  159,470円(前日比+3,059円)

市況の概要

本日のトピックスは上昇。
1390ポイント台を回復。
米国市場はお休み。
為替は円安。1ドル118円台半ば。1ユーロ137円台前半。
これほど堅調とは予想外。

米国市場はお休みで、為替は円安。
少しギャップアップスタートで堅調に推移。
後場に入っても、とても堅調に推移して、なんと高値引けだったらしい。
欧州市場が緩和期待で堅調だったとはいえ、米国市場がお休みの間に、これほど上昇するとは予想外でした。

ただし、チャートではまだ三角持ち合いのレンジ内。
25日線を突破したので、上に突き抜けそうな予感はしますが、まだ上値抵抗線を突破できてません。
もう一往復すると思っていますが、抵抗線を突破したら付いていきます。

売買の状況

決済はまずまず。
普通に売って少し買い。
火曜日なので前場のみでした。
優待投資は、お腹いっぱいなので変化ありません。

その他コメント

欧州はECBによる量的緩和期待で株式市場は堅調。
思い切った量的緩和+追加緩和を実施できればいいと思いますが、しょぼい量的緩和だったら期待はずれでクソスイスショックの二の舞になりそう。
ECBは市場の期待に添えるように頑張って欲しい。

IMFが今年の日本市場の成長率を引き下げたらしい。
消費増税は延期、原油は格安、米国市場は絶好調、欧州は量的緩和、日本は追加緩和実施中。
この状況で今年の日本の景気が後退する訳がない。
確かにまだ消費増税の被害が各地に残っていますが、4月以降は駆け込み需要との比較が消えるので経済指標は改善するはず。
スイス中央銀行ほど愚かではありませんが、IMFもよく考えて欲しい。

明日もがんばろう。

 - 株式投資

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です