かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

中国市場が暴落中で、2015年7月SQ週水曜日の日本市場も暴落!

   

2015年7月8日の結果

+1400円。いまいち4連続。

精算日:2015年7月10日(あと14日)
今月の損益:+  161,302円(税引き前)
年間損益額:+2,382,964円(前日比+1,710円)

市況の概要

本日のトピックスは暴落。
一気に1580ポイント台まで下落!
米国市場は上昇。
為替は円高。1ドル121円台後半。1ユーロ134円台前半。
中国市場の悪影響。

米国市場は上昇しましたが、中国市場が下げ止まらず。
寄り付きは少しギャップダウンスタートでしたが、ずるずると下げて行って、前場は1600ポイントの大台手前まで下げてしまいました。
後場に入っても下げ止まらず。
窓埋めの1608ポイント付近や大台の1600ポイントもあっさりと突破。
さすがに日銀様のETF買いが入ったはずなのですが、全くダメでした。
どこまで下げるか底が見えないほどの大きな陰線を形成。
安値引けで、なんとか1580ポイント台で終了しました。

サラバ中にここまでずるずると下げる日本市場は久しぶり。
クソギリシャと違い、中国市場の暴落は世界の市場に大きな影響を与えそう。
香港はそろそろ下げ止まってもいい水準まで暴落していますが、上海はまだ下げる可能性があります。

東証1部25日騰落レシオは、87ぐらい。
トピックス25日移動平均乖離は、-3.77%。
一気に安値圏へ突入して、再びNISA買い発動の可能性が高まってきました。

ここまで下げると更なる処分売りが続くので、中国市場と同様になかなか下げ止まらなくなってしまいます。
前に反発している1570ポイント、窓がある1560ポイント、その次に反発した1520ポイント、節目の1500ポイントなどの抵抗線がありますが、どこで下げ止まるかは中国市場次第。
なんでもありの国ですから、何らかの対策を行ってくることは間違いないと思いますが、ここまで来ると中途半端な策は逆効果なので、国による直接介入に期待しています。

日本企業の業績に何も問題ありませんし、他国の影響による株価下落であれば、よい投資機会だと思って勇気を出して買うべきです。
ただし、下げ止まってからでも十分に間に合いますので、無理に落ちてくるナイフをつかむ必要はありません。

売買の状況

決済はいまいち。
ほんの少し売って普通に買い。
だいぶ含み損が増えてしまいました。残念。
優待投資は8月9月銘柄を中心に買い。十分に購入できました。

その他コメント

特にありません。

明日もがんばろう。

 - 株式投資

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です