かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

おすすめNISAリスト、2015年7月11日版。

   

NISA

おすすめNISAリストを更新しました。

2015年7月10日(金)の終値で作り直しました。

おすすめNISA銘柄リストはこちら

NISA口座での売買について

  • 購入:おすすめです。
  • 売却:おすすめしません。

NISA口座での購入はおすすめですが、売却はおすすめしません。

東証1部25日騰落レシオは82.7。
トピックス25日移動平均乖離率は-3.29%。
一気に割安圏に突入してきました。

すでに日々の投資日記で報告済みですが、木曜日の朝方の急落局面で騰落レシオが80を割り込みましたので、NISA口座で購入しました。

購入したのは5698エンビプロ・ホールディングスと9059カンダホールディングスの2銘柄。エンビプロは自分で第1位推奨しているので。カンダは26位推奨ですがクオカードの株主優待があるからです。

先週末の時点でNISA口座での購入をおすすめしていなかった事は失敗ですが、これほどの急落は予想不可能でした。すみません。今週、更なる急落があって騰落レシオが70台に入ることがあれば買いをおすすめします。

先週はクソギリシャの国民投票が終わり、その代わりに中国の株価急落懸念が台頭。水曜と木曜日に歴史的な急落と安値からの買い戻しが発生しました。これほどの株価変動はなかなか経験できない現象でした。

中国の株価急落で日本市場の株価がここまで急落する理由はありませんが、クソギリシャとEUの会合を控えて、売りの良い口実を与えてしまったという印象です。この急落局面は欧米の機関投資家が作り出したもの。裏ではガッツリ購入しているはず。その反面、多くの個人投資家が売らざるを得なくなり、多数の犠牲者が出たはずです。

週末のトピックス先物は1600ポイントの大台を回復してきていますので、週明けは上昇から始まります。クソギリシャ問題が終結すれば中国の株価変動も問題にならなくなり、急反発するという可能性もあります。

相変わらず日本市場に問題点はなにもありません。

  • 消費増税は延期←あと約1年8か月
  • 原油は格安←WTI60ドルで足踏み
  • 米国市場は絶好調←6月米国雇用統計は22.3万人増
  • 欧州は量的緩和
  • 日本は追加緩和実施中
  • GPIFとKKRと日本郵政による日本株買い

基本は「買い」というレジームに変化はありません。

目指せ、トピックス1800ポイント!!

おすすめNISAリスト ランク急上昇チェック!

84位 3321 ミタチ

自動車など様々な電子機器分野を対象に半導体や液晶などの部品などを販売する商社。7月3日に決算を発表。悪くない決算で来期予想も悪くありませんが、株価は急落してしまいました。今期の配当予想を引き上げたので配当利回りが上昇して、順位が上昇しました。

 - 株式投資, 株式投資(NISA)

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です