かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

おすすめNISAリスト、2016年1月9日版。NISA買い推奨中!

   

NISA

おすすめNISAリストを更新しました。

2016年1月8日(金)の終値で作り直しました。

おすすめNISA銘柄リストはこちら

NISA口座での売買について

  • 購入:おすすめです。
  • 売却:おすすめしません。

NISA口座での買いを推奨します。売りはオススメしません。

東証1部25日騰落レシオは、62.9!
トピックス25日移動平均乖離率は-5.74%!
騰落レシオも25日移動平均乖離率も、かなりの割安ゾーンに入っています。

先週はチャイナショック再び、北朝鮮による核実験、中東情勢の混乱など、年初から複数の外部悪材料とSQ前や三連休前や米国雇用統計前という時期的要因が重なってしまい、大発会から5営業日続落という不名誉な記録を作ってしまいました。最悪シナリオでも1450ポイントまでだと思っていたので、これほど下落するとは想定外でした。

米国市場は雇用統計。12月は29.2万人の増加。あまり見たことがないぐらい凄い数字。なのに円高が進行。どう判断して良いか分からない。もし雇用統計が悪かったら、恐ろしいほどの円高だったのかも。

今週はいい加減反発して欲しい。騰落レシオも移動平均乖離率も記録的な水準にあります。米国市場も日本市場も外部要因によって下げている状況です。三角持ち合いの下限まで来ていますし、空売り比率も非常に高くなっています。反発する条件は整いつつあると思っています。イベントも通過しましたし。それでも、ここまで下げると、一度、出来高を伴った大量の損切りが出ないと反発できないのかも。

相変わらず日本市場に問題はありません。

  • 消費増税は延期←あと約1年2か月、軽減税率の導入が決定!
  • 原油は格安←WTIとうとう記録的な32ドル台!
  • 米国市場はまずまず←12月米国雇用統計は29.2万人!
  • 欧州は量的緩和←追加緩和は期待はずれも、更なる緩和?
  • 日本は追加緩和実施中!←第三弾への期待はやや低下も補完措置発動。

2016年は波乱の幕開けになってしまいました。

おすすめNISAリスト ランク急上昇チェック!

8位 3376 オンリー

1月7日に第1四半期決算を発表。まずまずの決算で業績評価が改善しています。

 - 株式投資, 株式投資(NISA)

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です