かぶぷんの株で勝つ!

短期スイングトレード、中期株主優待、長期NISA投資で勝つ!

この投稿は1年以上前に公開されました。

集団的自衛権には反対。

   

2014年5月16日の結果

-3000円。負け。

精算日:2014年5月20日(税引き前)
今月の損益:+  257,498円(あと8日)
年間損益額:+1,139,991円(前日比+30,012円)

市況の概要

本日のトピックスは急落。
1150ポイント台。
米国市場も下落。
為替は円高。1ドル101円台半ば。1ユーロ139円台前半。
下値到達。

昨日と同様に米国市場の下落と円高の影響でギャップダウンスタート。
前場は少しずつ下げ。
後場に下値抵抗線に到達してからは少しずつ戻し。
昨日と同様に、大引け間際にやや買いが入って終了。
陽線にはなりませんでしたが、昨日同様に長めの下ひげになりました。

まだレンジ内の動き。
1150ポイント付近はかなり堅いということが分かりました。
でも、ここを下回ってしまうと、窓埋めの1140ポイント、さらに4月11日の安値の1120ポイントまで行ってしまう可能性もあります。
なんとか踏ん張って欲しい。
来週の日銀金融政策決定会合で何かが欲しい。

売買の状況

決済は負け。
ほんの少し売って少し買い。
優待投資に変化ありません。

その他コメント

昨日、安倍首相が憲法解釈を変更して集団的自衛権を行使できるようにしたいという会見がありました。
どう考えても憲法解釈を変更することで、集団的自衛権を行使できるようにする必要はないと感じました。

安倍首相の個人的な人脈で集めた恣意的な諮問機関からの提言じゃ何の意味もない。
具体例の説明もありましたが、現実的に米軍を攻撃する国なんてあるはずがないし、テロリストが相手なら、なおさら自衛隊じゃ何もできない。

それに中国との関係を最も悪化させているのは安倍首相本人。
首相が反省すれば、少しは日中関係はマシになるはず。
もし万一、ベトナムやフィリピンが中国と戦うことになったら、日本は現地の日本人を助けるために自衛隊が中国軍と戦いに行くのだろうか。
こんな事はものすごく嫌だ。
ただし、グレーゾーンについては検討の余地はある。

どうしても集団的自衛権を行使したいのなら、正々堂々と憲法改正を目指すべき。
卑怯な手段でこっそり国民をだますのはやめてくれ!

明日もがんばろう!

 - 株式投資

↓ブログランキングに参加中!ご協力をお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ

Comment

  1. 矢田@医療職兼業トレーダー より:

    日経平均が続落ですね。 14000円割れ目前です。 う~ん。 応援しておきました。ポチッ

    • kabupun より:

      矢田さん、コメントありがとうございます。 私も日経平均は14000円が節目だと思いますが、ここで踏ん張って反発してくれると思います。 がんばりましょう。では。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です